コンテンツ

舞鶴学園の沿革

昭和21年 故 山口勲氏が有志数人と共に「財団法人 日本青年自彊学会」を創設し、戦災孤児11名を引き取って保護。
昭和21年10月13日 「舞鶴自彊学園」として保護認可を受ける。
昭和23年3月 舞鶴市朝来に移転、元海軍工員宿舎11棟16戸に約50人を収容する。
昭和23年 児童福祉法の制定により、養護施設となる。
昭和27年5月17日 「財団法人 日本青少年自彊学会」を解散。 社会福祉法人の認可を受けて、施設の名称を「舞鶴自彊学園」から「舞鶴学園」と改める。
昭和28年8月2日 舞鶴市字浜107番地の8に移転し、元海軍縫製工場を改修して生活を始める。 定員70名。
昭和44年3月 国庫補助を受けて、第1児童棟及び管理棟を新築。
昭和45年5月 日本自転車振興会の補助を受けて、第二児童棟を増設し、定員を100名とする。
平成8年4月 地域での家庭生活体験と自立を目的として、市内泉源寺に一般家屋を借り、児童4名と職員2名で養護施設分園型自活訓練事業を始める。 また、一般家庭への支援事業としてショートステイ及びトワイライトステイの事業を開始する。

子育て支援短期利用事業推進のため、専任職員を配置し「舞鶴学園タンポポハウス」として事業の内容充実を図る。
平成8年10月 創立50周年を迎える。 現在までに、約900名余の子どもたちを送り出したことになる。
平成10年1月 創立50周年事業として、大韓民国の児童福祉施設4ヶ所で学園児童による演劇公演をする。
平成13年10月1日 創立55周年事業として、市内泉源寺の地で「認可保育所 タンポポハウス」(定員40名)を開所する。
平成13年11月6日 創立55周年事業として、市内字浜の地より市内泉源寺へ移転し、保育所タンポポハウスとともに児童養護施設舞鶴学園(定員70名)の竣工式を行なう。 これを機に、児童養護施設は小舎制を導入して新たなスタートをきる。
平成15年 保育所タンポポハウスの定員を60名とする。
平成17年4月1日 児童家庭支援センター「中丹こども家庭センター」開設。
平成20年4月20日 MBS毎日放送にて、舞鶴学園のドキュメンタリー番組「映像08' 家族の再生 〜ある児童養護施設の試み〜」が放映される。
※ 平成20年日本民間放送連盟のテレビ教養番組部門で最優秀賞に選ばれる。
平成20年9月 「認可保育所タンポポハウス」園舎増築工事着工。
平成21年2月 「認可保育所タンポポハウス」園舎増築工事完成。
平成23年 認可保育所タンポポハウスの定員を80名とする。
ページTopへ